日本の問題・難題を解決!法律で見る日本の相続

日本の問題、相続問題。遺言書を残す。

被相続人の遺言書は、遺言書に沿って相続を行いますが、遺言書ではどのようなことを指定できるのか紹介します。まず相続人に対して指定できることは、これまで認知をしていなかった子供に対して認知をすることができるようになっています。その他相続人の廃除をする事も可能になり、何かしらの理由によって、自分の遺産を分けたくない相続人がいる場合には、相続権を排除することができます。

 

それから相続人が未成年者の場合に、協議に立ちあう後見人を指定することも可能になっているので、状況に応じて遺言書を作成する際にはしっかりと指定しておくようにしましょう。実際の遺産分割に関してですが、それぞれの相続人が受け取る分与のパーセンテージを指定することが可能です。親族の相続人に対する分割だけでなく、他人に対する遺贈に関しても遺言書での指定が可能になっています。

 

このほか、遺留分の欠格や遺言執行者の指定をすることなども可能になっています。
あくまでも上記した内容に関しては法的に認められる内容として紹介していますが、自筆での遺言者の場合検定を受けた後、しっかりとした効力を発揮するかどうかが決定します。
万が一、検定結果が遺言書として成り立つものでなかった場合には、全ての内容が無効になってしまい、法に基づいた財産分与が行われることになります。
特に、執行人を決める際には個人的な希望だけで決めるのではなく、役所での選定を受けたり、専門家にアドバイスを受けながら、本当に信頼のおける立場の人を選んでおくべきでしょう。

 

 

日本経済の行方‐アベノミクスのこの先

 

 

消費税率引き上げで‘アベゲットン’(Abegeddon)が来るのか?

 

アベゲットンとはなにか?
アベゲットンとはちょっと間抜けなネーミングであるが、これはスイス投資銀行であるユビエス(UBS)の最高投資戦略家であるアレクサンダー・フリードマンが、日本政府が消費税率を引き上げれば否定的結果が憂慮されるとし、安倍晋三日本総理と世界終末を意味するアルマゲドンを合成して比喩した用語だ。

 

彼は日本が消費税率を上げれば景気が低迷して同時に物価が上昇する‘スタグフレーション’がくることができると指摘した。 このような分析が誇張されたという指摘も多いが、日本消費税率引き上げの余波に対する憂慮がそれだけ大きい。日本では消費税増税、相続税の増税、などなど増税を巡る問題が今後のテーマになってきそうだ。